日本脳炎の予防接種を受けたい場合どこに行けばいいの?

ワクチンは指定開業医で

日本脳炎ワクチンだけでなく、現在定期接種になっているワクチンは全て各自がワクチン接種の指定を受けている医療機関に行って受けることになっています。

昔は風疹ワクチンを中学3年生の女子だけ集めて接種していたり、インフルエンザワクチンを全員が並んで接種していた時期もありました。

その後副反応の問題もあり、ワクチンは各家庭で行うようになりました。

ポリオの生ワクチンが最後まで集団接種として残っていましたが、それも不活化ポリオワクチン・4種混合ワクチンに変わったタイミングで個別接種となり、現在集団接種しているものはありません。

殆どの自治体で、子供が産まれて生後1か月の時点で、保健師が各家庭を訪問します。

その際に子供の健康チェックだけでなく、今後受けるワクチンの説明を行います。

そして、定期接種全ての予診票を冊子にしたものを配布します。

保護者はワクチン接種の時期になったら各自で医療機関に連絡をして予約をとり、必要な予診票を切り取って母子手帳と一緒に持参することになります。

健康な子供がワクチン接種のためだけに総合病院や大学病院に行くことは、あまり望ましいことではありません。

大きな病院には大きな病院の、開業医には開業医の役割分担があるのです。

重度の患者を扱う総合病院や大学病院にワクチンだけに訪れる人が増えたら、本来の業務に支障が出ます。

そして、何より待ち時間も相当長くなるでしょう。

ですから、ワクチン接種は開業医で受けるのが基本です。

開業医では、ワクチン専用の曜日や時間を指定しているところから、診察時間内ならいつでもOKというところまで、対応はまちまちです。

また、予約制をとっているところが殆どですので、事前に連絡が必要となるでしょう。

稀に、在庫があれば問い合わせた当日に接種してくれるところもあります。

任意接種の場合、金額はまちまち

海外旅行や出張をする際に、旅行会社や勤務先から日本脳炎ワクチンの接種を勧められることがあります。

その場合は任意接種と言って、定期接種とは別に行いますので自費扱いになります。

自費診療の金額の設定は各医療機関の自由なので、ワクチンの金額も納入価の違いだけでなく、その医療機関がどこまでワクチン接種で利益を得るかで、接種の料金が変わります。

医療機関によって、4000円~8000円と料金には大きな差が出ます。

また、海外渡航を見込んだワクチン接種の場合は日本脳炎単独ではなく、他のワクチン接種もあるでしょう。

ワクチン自体の効果に差が出る訳ではありませんから、自身で問い合わせて安いところを選ぶのが賢い方法と言えます。




このページの先頭へ