水疱瘡の症状とは?

水疱瘡の症状は?

水疱瘡は、水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こります。

ウイルスは空気感染するため容易に感染します。

ウイルスに感染してから10日~21日(約2週間)の潜伏期間を経て、体幹に紅斑として発疹が現れて発症します。

紅斑と同時に熱発を認めることも多くあります。

また、紅斑の出た時には、既に周囲へ感染が拡大していることが多いです。

水疱瘡の発疹はその名前からすると水を含んでいそうですが、最初は赤い小さなブツブツなので、水疱瘡とは気づかないこともあります。

しかし、急速に病状が進んでいくので、数時間から半日もすれば、水をもった水疱が現れて水疱瘡と診断できます。

初期の小さなブツブツで来院しても、他の発疹性の病気と区別がつかないこともあります。

しかし、水をもった発疹ができていて、それが体幹だけでなく全身にある場合、特に頭にも発疹があると水疱瘡であると診断できます。

水疱瘡は、インフルエンザのように迅速検査がありませんので、発疹の具合や周囲の感染状況、本人のワクチン接種の有無等から判断して診断します。

発疹は紅斑→水疱→膿疱→痂皮の順で進んでいきます。

最初の発疹が痂皮になる前に、どんどん新しい発疹が現れるので、痂皮があるかと思えば水疱も、紅斑も同時に存在します。

発疹は痒みを伴って掻きむしることがあるので、外用薬(カチリ)を使用することもありますが、基本的には対症療法でも十分です。

また、倦怠感と38度を超える発熱が2~3日続くこともあります。

全ての発疹が痂皮になるまでは、学校保健法によって出席停止となります。

保育園・幼稚園にも登園できません。

もし老人保健施設等で感染者が出た場合は、隔離が必要になります。

水疱瘡の合併症

水疱瘡は小児期よりも、成人で感染すると症状が重くなり、1歳未満と15歳以上で感染した場合は合併症を起こす頻度が上がります。

合併症として現れる症状は、皮膚を掻きむしることでの二次感染、脱水、肺炎・気管支炎、熱性痙攣、中枢神経合併症などがあります。

中枢神経合併症としては、無菌性髄膜炎・脳炎などがあります。

免疫力の低下している人が水疱瘡に罹ると重症化し、生命の危険もあります。

死亡例の報告もあり、1~14歳の子供では10万人あたり約1例ですが、15~19歳では2.7例、30~49歳では25.2例と上昇します。

このように、大人になってからの水疱瘡は本当に怖い病気です。

水疱瘡自体は、積極的に抗ウイルス薬の内服や点滴治療をせずとも治癒します。

しかし合併症や年齢を経た後で帯状疱疹として発症すると、後々辛い神経痛を引き起こすこともあります。

ですので、水疱瘡はワクチン接種によって予防しておく方がよいでしょう。




このページの先頭へ