狂犬病の予防接種とは?

狂犬病の予防接種は、誰がする?

日本では1957年以降、狂犬病の感染例は報告されていません。

しかし、1950年に狂犬病予防法が施行されるまでは日本国内でも狂犬病に感染している犬はたくさんいて、人も狂犬病に感染して死亡していました。

つまり、7年間で日本は狂犬病の撲滅に成功したのです。

海外では撲滅には程遠い地域もある中で日本がわずか7年でできたのは、大きな理由があります。

それは犬を飼う時には登録制にして、全ての犬に狂犬病のワクチンを接種することを義務付けるようになったからです。

そして、更に野良犬抑留も徹底されるようになり、見かける犬の殆どがワクチン接種済みの犬となったためです。

そう、狂犬病の予防接種は、まず犬が受けるものなのです。

狂犬病は全ての哺乳類に感染する可能性がありますが、(特にアジアでは)犬が狂犬病蔓延の主な原因とされています。

ですから、飼い主に犬へのワクチン接種を義務付けて人への被害を防ぎ、仮に狂犬病ウイルスが日本国内に持ち込まれても蔓延することを防ぐことができるのです。

狂犬病ワクチンは年1回接種ですから、必ず飼い犬に受けさせましょう。

人間の予防接種は?

狂犬病そのものの予防は、犬がするものとお伝えしました。

では、人間ができる予防接種はないのでしょうか?

もちろんあります。

いくら日本国内では犬への予防が徹底されていたとしても、海外ではまだ狂犬病ウイルスの撲滅は果たされていません。

海外では犬だけではなく、コウモリやアライグマ、キツネ、コヨーテ、スカンク等でも狂犬病は感染します。

日本では目にすることがないので、ついつい興味本位で手を出してしまうかもしれませんが、これは大変危険です。

また、人間の方が近づかなくても、向こうからくる場合もありますね。

また、途上国では医療機関が近くにないこともあります。

海外渡航をする場合は、地域によっては狂犬病のワクチンを接種した方がよいことがあります。

十分な免疫力を得るためには、狂犬病ワクチンは1回接種だけでは不十分です。

4週間の間を空けて2回目を接種し、更に半年~1年あけて追加接種をします。

急な出張で数日間だけということであればここまでする必要はないかもしれませんが、長期滞在やどうしても動物と触れる機会があると見込まれる場合には、追加接種も含めて計3回のワクチンを接種してから渡航できるよう、スケジュールを調整した方がよいでしょう。

狂犬病は日本での発生はありませんが、海外から持ち込まれるケースはまだあります。

ですから、厚労省もホームページに狂犬病対策のページをしっかり設けてあります。

海外渡航を視野に入れている方は、他のワクチン接種と同様に狂犬病についても必要があるか確認しておきましょう。




このページの先頭へ