狂犬病の症状とは?

狂犬病に罹るとどうなるの?

狂犬病は、狂犬病ウイルスによって起こる感染症です。

日本では1957年以降の報告例はありませんが、世界的にはまだ撲滅されていません。

海外で狂犬病ウイルスを保有している犬や猫に触って傷を負った場合、狂犬病を発症する可能性はゼロではありません。

確率は低いのですが、狂犬病は発症したら現代医学をもってしても根治することは不可能で、致死率100%と言われています。

狂犬病は、狂犬病ウイルスを含む犬の唾液が傷口から体内に侵入することで伝播します。

狂犬病に人間が罹ると、どのような症状を呈するのでしょうか?

どのウイルスも体内に入ってから発症するまで潜伏期間が存在しますが、狂犬病は潜伏期間が非常に長く、一般的には1~2か月とされ、年単位の報告例すらあります。

そして発症すると様々な症状を引き起こします。

症状は3つの段階に分けられ、それぞれ下記の通りです。

狂犬病の人における症状

前駆期

  • 発熱
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 悪心、嘔吐

急性神経症状期

  • 筋肉の緊張
  • 不安感
  • 痙攣発作
  • 幻覚
  • 錯乱
  • 興奮状態
  • 麻痺
  • 流延(よだれを垂らす)
  • 恐水症(水を飲むと、のどの筋肉が痙攣を起こす)
  • 恐風症(冷たい風にあたると痙攣を起こす)
  • 犬の遠吠えのような唸り声をあげる

昏睡期

  • 昏睡
  • 呼吸麻痺

そして、以上の段階を経て、最終的には呼吸障害によって、100%死亡します。

狂犬病に罹っている犬はどんな症状がある?

狂犬病ウイルスに感染して発症すると、上記の症状を呈し最終的には死に至ります。

ですから、狂犬病は感染する前に予防をしておく必要があります。

その一つがワクチンですが、日本国内にしかいない場合にはそこまでする必要はないでしょう。

一番重要なのは、狂犬病に罹っている犬に近寄らないことです。

少し詳しい人であれば、狂犬病というと歯をむき出しにして唸っている犬の写真を思い浮かべることでしょう。

実はこれはわかりやすい典型例であって、狂犬病症状は他にもあります。

狂犬病の犬における症状

  • 発熱
  • 食欲不振
  • 性格の変化(おとなしい犬→凶暴、朗らかな犬→臆病)
  • 飼い主の命令をきかなくなる
  • 落ち着きを失くす
  • 徘徊
  • 不眠
  • 大きな声で吠える
  • 水がうまく飲めない(のどや舌・下顎等の麻痺による嚥下障害による)
  • 目の前のものに何でも噛みつく

最終的には横になったまま起き上がれず、涎を垂らして意識が低下していきます。

そして、人間同様、呼吸筋麻痺によって死亡します。

おそらく普段の様子を知らない犬であれば、症状が進行してかなり暴れたり吠えたりするくらいにならないと、狂犬病と疑うことはないでしょう。

しかし、海外においてはまだ犬だけでなく猫も狂犬病ウイルスを保有しており、狂犬病を起こしうる全ての動物に対し、注意が必要です。




このページの先頭へ