狂犬病はどうして予防接種で発症を防ぐことができるの?

犬に近づかなければ、感染しない?

日本では殆ど野犬はいないし、狂犬病ウイルスを運ぶキツネやアライグマ・スカンクは、動物園でしか見る機会はありません。

けれども、中には無責任にワクチンを接種せずに犬を野良飼いしているような人もいます。

また、狂犬病に非常に類似しているというリッサウイルスはコウモリに感染します。

この種のコウモリは中国や日本にも分布しているので、いつ日本でも狂犬病が流行るかはわかりません。

人から人への感染は報告されていませんが、実際に日本でも海外で狂犬病に感染して帰国後に発症したという例もあります。

世界中で撲滅されていないということは、いつまた日本でも狂犬病に感染した犬が蔓延するかわかりません。

島国の日本であっても、今では数時間で海外に行くことも可能になっていますから。

行動のおかしい犬(獰猛)には近づかない…だけでは、予防とは言い切れないのかもしれません。

狂犬病は獰猛になることもあれば、進行していくにつれ動くことが困難になっていく麻痺型の症状のこともあります。

ですから、牙をむいて吠えて来る犬だけに注意すればよいものではありませんし、もしこちらに向かって来てまったらということを考えると、「犬に近づかない」だけでは予防とは言えないのかもしれませんね。

発症したら確実に死んでしまう…予防はワクチン

狂犬病がなぜ恐ろしいかというと、その致死率です。

麻疹や風疹といった他の感染症もその症状や合併症で亡くなることはありますが、1%にも届きません。

ところが、狂犬病は今の医療でも、発症してしまったら救う手立てはないのです。

最終的に昏睡状態に陥り、100%死に至ります。

日本での狂犬病対策は、治療よりも予防に力を入れてきました。

飼い犬を登録制にして年1回ワクチンを接種したり、野犬を保護したり、検疫体制を整える等です。

これらの結果、日本においては狂犬病は撲滅したと言ってもよいため、ワクチンは定期接種にも、推奨される任意接種にも定められていません。

海外渡航する人が、希望で接種するだけです。

日本にしかいないのであれば、狂犬病ワクチンよりも優先すべき任意接種のワクチンがありますが、もし海外に行くのであれば、狂犬病は接種していくべきでしょう。

100%死ぬとわかっているものに対してはできる限りの予防をしていくのは当然です。

海外渡航前に3回の狂犬病ワクチン接種を受けることで、最低限の予防はできます。

というより、それしかありません。

そしてできるだけ狂犬病が発生している地域には行かない、というのも一つの予防ですね。




このページの先頭へ